現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2015年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

7月31日(金)、フランス観光開発機構のフレデリック・マゼンク在日代表、アジア・太平洋・中東地区統括責任者がJATA本部を訪問

2015年8月10日

7月31日(金)、フランス観光開発機構のフレデリック・マゼンク在日代表、アジア・太平洋・中東地区統括責任者がJATA本部を訪問し、フランス観光開発機構の方針についての説明と共に、今後JATAとの共同促進の可能性について尋ねられました。「フランス観光開発機構はフランス国内メンバーの会費が主な予算となっており、毎年フランスと日本の業者のワークショップを含めた、メンバーが必要とするBtoB促進活動を行っています。今後新しい形で大規模なキャンペーンを検討していますが、JATAのアイデアや協力をいただければ幸いです」

中村理事長らは、「フランスはヨーロッパの中でも、一番人気のあるデスティネーションですが、一般観光客にアピールしなければ観光客が減少するでしょう。新しい形でツーリズムEXPOジャパンへの参加していただきたいです。モンサンミシェルの次に、キラーコンテンツを探し出すことも重要だと考えます」とアドバイスをしました。


  • フレデリック・マゼンク氏

  • 中村理事長(右)と越智事務局長

Mr. Frederic Mazenq, Director in Japan, Atout France – France Tourism Development Agency, Asia-Pacific-Middle East Regional Coordinator, visited the Head Quarters of JATA on July 31st, Friday

During his visit, Mr. Mazenq met with executive officers of JATA and explained the principles on which Atout France is built and works. He also inquired about the possibility of joint promotional activities with the association. “Atout France receives budget from its domestic members. Every year we carry out BtoB activities that are considered necessary by our members. The activities include workshops where French and Japanese companies meet to discuss business. However, I am keen on introducing new promotional activities and would appreciate any ideas and cooperation from JATA,” said Mr. Mazenq.

“While France is the most popular of all European destinations, its popularity might decrease if you do promote it to the general public. France’s presence at the Tourism EXPO Japan in a new shape and fashion is necessary and would be highly appreciated. It is also important that you find new killer contents to replace Mt. Saint Michel when its attractiveness wares off,” advised the executive officers of JATA..


記念撮影

このページの先頭へ戻る