現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2015年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

8月26日(水)、駐日ボツワナ大使ジェイコブ・ディー・ンカテ閣下がJATA本部を訪問

2015年8月31日

8月26日(水)、駐日ボツワナ大使ジェイコブ・ディー・ンカテ閣下がJATA中村理事長らを訪問し、10月30日に大阪で開催されるSADCセミナーに招待されました。また、ボツワナや南部アフリカの観光素材についてお話され、「日本からの観光客はまだ少ないので、観光分野に投資や観光拡大に努めていきます。観光セミナーも定期的に開催し、JATAとの良好な関係を続けていきたいと思います」と話されました。

中村理事長らは、「旅行会社は貿易投資に力を入れることが難しいと思いますが、観光促進や観光拡大などについて、ボツワナや南部アフリカの国々と協力関係を続けるように努力していきたいと思います。南部アフリカというと、やはり南アフリカが知名度が高いですが、今年エチオピア航空が直行便を就航したので、多くの旅行会社が関心を持って観光セミナーに参加するのではないかと期待しています」と応じました。


  • ジェイコブ・ディー・ンカテ大使

  • 中村理事長(右)と越智事務局長

H. E. Mr. Jacob D. Nkate, Ambassador of Botswana, visited the Head Quarters of JATA on August 26th, Wednesday

During his visit to the Head Quarters of JATA, H. E. Mr. Nkate invited representatives of JATA to the SADC seminar which will be held on October 30th in Osaka. “Botswana and the countries in Southern Africa have a lot to offer to foreign tourists. However, the number of Japanese visitors is still small and we are making efforts to increase tourism demand by holding seminars for the travel industry. We would also like to continue our successful cooperation with JATA,” said the ambassador.

“While travel agencies find it difficult to make investments abroad, we would like to continue to cooperate in promoting tourism and increasing of the number of tourists. When we mention SADC, however, South Africa enjoys a highest consumer recognition in Japan. With the new direct flights of Ethiopian Airlines, many companies may be interested in attending travel seminars on the countries in the region,” replied the representatives of JATA.


記念撮影

このページの先頭へ戻る