現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2015年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

9月8日(火)、ベナン共和国特命全権大使ゾマホンD.C.ルフィン閣下がJATA中村理事長を訪問

2015年9月14日

9月8日(火)、ベナン共和国特命全権大使ゾマホンD.C.ルフィン閣下がJATA中村理事長を訪問し、アフリカへの観光の拡大について意見を交換されました。「アフリカ大陸には54カ国があり、その中で治安が安定している国を観光地として日本の市場にアピールしたい」と説明し、「JATAの協力がいただければ幸いです」と要請しました。

それに対して、中村理事長らは、「観光拡大のために、ツーリズムEXPOジャパンの出展に加えて、定期的に観光セミナーやPRイベントを行っていけば、認知度が高まるでしょう。今年8月にエチオピア航空が直行便を運航したので、アフリカへのアクセス・ルートが増えました。こういった機会に、アフリカ諸国のPRを強化していくのであれば、JATAとして協力したいと思います」と応じました。


  • 中村理事長

  • ゾマホンD.C.ルフィン特命全権大使

H.E. Mr. Zomahoun D. D. Rufin、Ambassador Extraordinary and Plenipotentiary of the Republic of Benin, visited Mr. Tatsuro Nakamura, President of JATA, on September 8th, Tuesday

During the visit, H. E. Zomahoun D. C. Rufin shared his ideas about expanding travel flows to Africa. “There are 54 countries in Africa and we would like to promote the ones that pose no threat to visitors. I would appreciate the cooperation of JATA in this endeavor,” said H. E. Mr. Rufin.

“In order to increase the number of tourists to Africa, you should participate in the Tourism EXPO Japan held in September every year. In addition, regular seminars introducing African destinations will increase awareness among the industry and the general public. In August this year, Ethiopian Airlines launched new direct services from Narita and this is a chance to promote African destinations. JATA will cooperate with you if you decide to strengthen your promotional activities in the Japanese market,” advised Mr. Nakamura.


記念撮影

このページの先頭へ戻る