現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2015年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

9月26日(土)、韓国・ソウル観光公社の社長キム・ビョン・テ氏がJATA菊間副会長を訪問

2015年10月12日

9月26日(土)、韓国・ソウル観光公社の社長キム・ビョン・テ氏がJATA菊間副会長と会談され、共同キャンペーンなどを今後とも開催していきたいと双方に決意を表しました。「現在、中国がソースマーケットとして注目浴びていますが、日本からの観光客数を維持する、また増加させることが重要だと考えています。そのため、ぜひとも、JATAの協力をお願いしたいと思います」と要望しました。

「MERSの終息宣言とともに、双方積極的な促進を行っていけば観光客数はMERSの前のレベルに戻ると思います。いつも甚大な協力に対して感謝します」と菊間副会長。


  • 中村理事長(左)、菊間副会長(中央)

  • キム・ビョン・テ社長

Mr. Kim Byung, President and CEO of Seoul Tourism Organization, met with Mr. Jungo Kikuma, Vice President of JATA, on September 26th, Saturday

At the meeting, Mr. Byung and Mr. Kikuma expressed their resolve to continue to work together for the promotion of tourism exchange. “While China is regarded as a very important source market, we believe it is essential that we maintain and even increase further the number of Japanese visitors to Seoul. We rely on JATA’s cooperation to achieve this goal,” Said Mr. Byung.

“As soon as the announcement of the end of the MERS outbreak is issued, we are ready to continue our joint projects. I believe that with an aggressive promotion, the number of travelers will very soon be back to the pre-outbreak levels,” replied Mr. Kikuma.


記念撮影

このページの先頭へ戻る