現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2015年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

9月26日(土)、ミャンマーホテル・観光副大臣ウーティアン氏がJATA田川会長を訪問

2015年10月12日

9月26日(土)、ミャンマーホテル・観光副大臣ウーティアン氏がJATA田川会長を訪問し、観光開発のためのミャンマーへの投資誘致や「ツーリズム・マスター・プラン」などについて説明しました。「ここ数年、ビジネス観光客は増えていますが、レジャー観光が伸び悩んでいます。停滞したレジャー需要の理由を突き止めることができれば、観光需要を活性化させることができるでしょう」

「数年前、ミャンマーは人気が出ましたが、急に宿泊施設の価格があがったのでツアーの観光客が少なくなりました。また、日本人にとっては、安心・安全が重要なので、ミャンマーが安全だというメッセージを伝えていけばよいと思います」と田川会長らは応えました。


  • 田川会長

  • ウーティアン副大臣(右端)

H.E. Mr. U Htay Aung, Union Minister of Ministry of Hotels and Tourism, met with the Executive Officers of JATA on September 26th, Saturday

H. E. Mr. U Htay Aung talked about attracting investments to the travel industry of Myanmar and the “Tourism Master Plan” set by his government. “While business visitors have increased during the past several years, the leisure market has not shown much growth. We would like to change the tendency and have an increase in the number of leisure tourists from Japan.”

“Several years ago, Myanmar became very popular and the prices of hotel rooms increased as a result. This increase is a factor in the small number of leisure tourists at present. Also, safety is very important for the Japanese public. You should promote Myanmar as a safe destination in order to attract more Japanese visitors,” advised Mr. Tagawa.


記念撮影

このページの先頭へ戻る