現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2015年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

9月26日(土)、Brand USA本局のCMO デイビド・ウィタカー氏がJATA田川会長を訪問

2015年10月12日

9月26日(土)、Brand USA本局のCMO デイビド・ウィタカー氏がJATA田川会長を訪問し、日本―アメリカ間の更なる交流拡大戦略について意見を交わしました。「Gatewayの訪問地対策が重要だと考え、日米双方で知恵を出し合いたいと思います。また、2016年は2国立公園設定100周年なので、この機会を生かしたいです」

「人数も大切ですが、Length of Stay の切り口も重要です。アメリカ観光旅行は、昔は、周遊型でしたが、今は、滞在型に変わりました。従来の北米大陸の東西移動型旅行から、南北移動型旅行にしていけば新しい商品が提供できます。加えて、若者の国際交流プロジェクトを活性化したいので協力いただければ幸いです」と田川会長。


  • 左から田川会長、戸川副会長、丸尾副会長、越智事務局長

  • デイビド・ウィタカー氏

Mr. David Whitaker, CMO of Brand USA, visited Mr. Hiromi Tagawa, Chairman of JATA, on September 26th, Saturday

During the meeting, Mr. Whitaker and Mr. Tagawa exchanged opinions on the further growth of travel between the USA and Japan. “The Gateway strategy is very important and we would like to increase awareness both in the USA and Japan. In addition, we will celebrate the 100th anniversary of the establishment of two of our national parks and would like to use this occasion to increase the number of Japanese visitors.”

“While the number of visitors is indeed very important, the length of stay is equally so. In the past, Japanese tourists used to travel within the country while nowadays the tour products have become stationary. If you can offer tour programs based on traveling from the South to the North of the country, the Japanese travel agencies can offer new tours to their customers. In addition, we would like to revive the youth exchange project and hope that we can work in cooperation with you,” said Mr. Tagawa.


記念撮影

このページの先頭へ戻る