現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2015年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

9月27日(日)、バングラデシュの民間航空・観光省の乗員委員会、国会議員アフタブ・ウディン・サーカー氏が田川会長を訪問

2015年10月12日

9月27日(日)、バングラデシュの民間航空・観光省の乗員委員会、国会議員アフタブ・ウディン・サーカー氏が田川会長を訪問し、”Visit Bangladesh Year”に向けて、JATAの協力を求めました。「バングラデシュには豊富な文化遺産があり、興味深い観光地だと思います。2016年を「バングラデシュ訪問の年」にする予定であり、JATAにおいてバングラデシュ観光公社と協力していただければ、双方向の観光拡大を図りたい」

それに対して、田川会長は「バングラデシュのイメージは日本人にまだ余り伝わってないので、新しい情報、特に観光客の興味を起こせるようなニューズなどを提供し、またツアープランナーを対象にしたセミナーなどを開催していけば、そのイメージを向上させられます」と提案しました。


  • 右から田川会長、菊間副会長、戸川副会長

  • アフタブ・ウディン・サーカー氏(左から2人目)

Mr. Aftab Uddin Sarker, Member of the Parliamentary Standing Committee on the Ministry of Civil Aviation & Tourism of Bangladesh, paid a courtesy call to Mr. Hiromi Tagawa, Chairman of JATA, on September 27th, Sunday

During the visit, Mr. Aftab Uddin Sarker made a request for cooperation regarding the “Visit Bangladesh Year.” “Bangladesh has a rich cultural heritage. We have designated 2016 as the “Visit Bangladesh Year” and would appreciate your support for the activities of the Bangladesh Tourism Board. Our joint efforts will facilitate the increase of tourism exchange between Japan and Bangladesh.”

“The image of Bangladesh in Japan is created by news of floods and tropical storms in the country. In order to draw the attention of potential visitors, you should offer material for good news. In addition, to improve the image of the image of the country, you should regularly offer travel information should to tour planners through seminars and other channels,” advised Mr. Tagawa.


記念撮影

このページの先頭へ戻る