現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2015年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

10月9日(金)、米国・オーランド航空局の会長フランク・クルッペンバッカー氏とマーケティング&国際開発、マーケティング担当ディレクター ビクトリア・ハラミヨ氏がJATA中村理事長を訪問

2015年10月19日

10月9日(金)、米国・オーランド航空局の会長フランク・クルッペンバッカー氏とマーケティング&国際開発、マーケティング担当ディレクター ビクトリア・ハラミヨ氏がJATA中村理事長を訪問し、オーランドの新しい観光素材、オーランド国際空港のオペレーションを説明しました。「オーランドは新しい観光素材が開発されており、東京から直行便が就航すれば、日本人のお客様に加えて全アジアからのお客様が増えると思い、日本の航空会社と交渉を行っています」

中村理事長は、「空港便を就航するために、季節によって大きく変わる観光客より、ビジネス客の数が大きな影響を及ぼすと思います。オーランドは観光地として大きなポテンシャルがあるので、直行便が就航するようになったら、人気がさらにでると思います」と応じました。


  • 左から越智事務局長、中村理事長

  • フランク・クルッペンバッカー会長(左)とビクトリア・ハラミヨ氏(右)

Mr. Frank Kruppenbacher, Chairman, Greater Orlando Aviation Authority, and Ms. Victoria Jaramillo, Director of Marketing, Marketing & International Development, Greater Orlando Aviation Authority, USA, visited Mr. Tatsuro Nakamura, President of JATA, on October 9th, Friday

Mr. Kruppenbacher and Ms. Jaramillo introduced the improved operations facilitating the use of the Orlando International Airport. “Many new attractions are available to the visitors of Orlando. With the commencement of direct flights from Tokyo, we expect to serve both Japanese visitors and visitors from other Asian countries. We are conducting negotiations with airlines and hope to convince them to begin flying to Orlando,” said Mr. Kruppenbacher.

“In order to have new flights from Tokyo, you need to persuade the airlines that in addition to the leisure visitors there is a steady year-round flow of business travelers to Orlando. As Orlando offers a lot of attractions, we believe that direct flight services will make it an even more attractive destination,” said Mr. Nakamura.


記念撮影

このページの先頭へ戻る