現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2015年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

10月9日(金)、米国・ロサンゼルス観光局の総裁アーネスト・ウーデン氏がJATA中村理事長を訪問

2015年10月19日

10月9日(金)、米国・ロサンゼルス観光局の総裁アーネスト・ウーデン氏がJATA中村理事長を訪問し、ロサンゼルスの観光地としての魅力についてお話されました。「ロサンゼルスは国際空港をはじめ、インフラが再開発されており、移動がしやすくなっています。また、ロサンゼルスは2024年のオリンピックに立候補しており、開催地になるだろうと思います」

中村理事長は、「ロサンゼルスはダウンタウンの再開発によって歩きやすくなっており、メトロの新しいラインが開業され、国際空港のターミナルが新しくなっていいます。いろんな新しい試みがあるようで、旅行会社にとって、魅力的なデスティネーションになっています。関西空港とロサンゼルスの新しい路線が就航し、ビジネスのお客様と観光のお客様がミックスしていますから、旅行会社にとっても、魅力の多い観光地であり続けると思います。今後とも、JATAとしては、観光促進に協力していきたいと思います」と言われました。


  • 中村理事長(左)、越智事務局長(右)

  • アーネスト・ウーデン総裁(左)

Mr. Earnest Wooden Jr., President and CEO, Los Angeles Tourism & Convention Board, visited Mr. Tatsuro Nakamura, President of JATA, on October 9th, Friday

During the meeting, Mr. Wooden talked about the new infrastructure developments in Los Angeles. “With the improvements made in the infrastructure of downtown Los Angeles, visitors can travel from place to place much easier than before. We have decided to participate in the competition for the 2024 Olympics and are confident that we can win,” said Mr. Wooden.

“Los Angeles has become more convenient for visitors thanks to the recent infrastructure development. New subway lines are in operation and the international airport has been modernized. There are many new sites on offer and from the standpoint of travel agencies it is indeed an attractive destination. The new flights from Kansai and the well-balanced mix of leisure and business travelers make it an evergreen destination for the travel industry. JATA will continue to support your travel promotion activities,” said Mr. Nakamura.


記念撮影

このページの先頭へ戻る