現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2015年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

10月15日(木)、メキシコ観光局の局長ロドルフォ・ロペス・ネグレテ氏がJATA中村理事長を訪問

2015年10月26日

10月15日(木)、メキシコ観光局の局長ロドルフォ・ロペス・ネグレテ氏がJATA中村理事長を訪問し、2016年に向けて、メキシコの観光促進戦略について説明しました。「日本からのアクセスは、メキシコ航空の便に加えて、アメリカ経由でよくなっていますから、日本においての観光促進に努めていきます。メキシコのビーチに加えて、コロニアルの歴史や文化など、シニア層を対象に促進したいと思います」

中村理事長らは、「テロ事件の影響でヨーロッパへの観光客が減少していますが、その観光客を対象に、メキシコの文化や料理などをPRしていくのにいいタイミングだと思います。また、高級料理の紹介によって、メキシコのイメージが変わるので、できればメキシコの伝統料理や近代的な料理を促進していけばよいと思います」と応じました。


  • ロドルフォ・ロペス・ネグレテ局長

  • 中村理事長(左)、越智事務局長(右)

Mr. Rodolfo Lopez-Negrette, General Director of the Mexico Tourism Board, visited Mr. Tatsuro Nakamura, President of JATA, on October 15, Thursday

During the meeting, Mr. Rodolfo Lopez-Negrette introduced the promotion strategy of the Mexican Tourism Board for 2016. “As the connectivity between Mexico and Japan has improved with a couple of newly opened routes via the United States we are resolved to continue our PR activities in Japan. In addition to the beach resorts, we will promote colonial history and culture and concentrate further on the senior market,” said Mr. Rodolfo Lopez-Negrette.

“Owing to the terrorist attacks in Europe, the Japanese visitors to European destinations have decreased. You might want to consider appealing the attractiveness of Mexico to the travelers who have given up going to Europe. Introducing high-grade Mexican food as well as promoting both traditional and modern cuisine will help heighten the image of Mexico in Japan,” advised the executive officers of JATA.


記念撮影

このページの先頭へ戻る