現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2016年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

1月20日(水)、駐日クロアチア共和国大使ドラジェン・フラスティッチ閣下がJATA田川会長を訪問

2016年1月25日

1月20日(水)、駐日クロアチア共和国大使ドラジェン・フラスティッチ閣下がJATA田川会長を訪問し、就任挨拶とともに、クロアチアの多様な観光資源を紹介しました。「観光地としてのクロアチアのイメージは『美しい自然、文化、そしてスポーツ』ですが、ヨーロッパの中でUNESCOの無形遺産がもっとも多い国です。今後、様々な民族舞踊や衣装、音楽、祭りなどを紹介していきたいと思います。来年度の冬に向けて、ウインター・ツアーも提供しはじめていきます」と観光促進の方針についてお話されました。

田川会長は、「海外旅行が自由化されてから50年がたって、日本人の旅行スタイルが変化しています。観光地で名所を見るだけが目的ではなく、その地域の生活文化に興味を持っているお客様が増えてきました。それらをクロアチアの新しい観光素材として旅行会社に提供していけば、新しい商品も増えるでしょう」とコメントをされました。


  • 田川会長

  • ドラジェン・フラスティッチ氏(左)

H.E. Mr. Drazen Hrastic, Ambassador of the Republic of Croatia, visited Mr. Hiromi Tagawa, President of JATA, on January 20th, Wednesday

During his first visit to JATA, H.E. Mr. Hrastic introduced the diversity of tourism resources of Croatia. “The image of Croatia as a travel destination is associated with beautiful nature, historical heritage and sports. Compared to other European countries, however, Croatia has the greatest number of traditional dances, crafts, etc. enlisted by UNESCO as intangible cultural heritage. We would like to introduce the diverse traditions such as folklore dances, songs, national costumes, crafts and local festivals to the Japanese public. We have also begun offering winter tours to Japanese travel agencies,” said H. E. Mr. Hrastic.

“Fifty years have passed since the liberalization of overseas travel in Japan and we have observed some changes in the travel style of the Japanese. Rather than visiting a destination for the mere purpose of sightseeing, our customers enjoy learning about and experiencing the everyday lifestyles of the local people, their favorite pastimes, etc. By offering such information to travel agencies you will help them make new tours to Croatia,” advised Mr. Tagawa.


記念撮影

このページの先頭へ戻る