現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2016年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

1月20日(水)、大韓航空の常務日本地域前本部長チェ・ジョン・ホ氏と同社の常務日本地域新本部長キム・ジョンス氏がJATA田川会長を訪問

2016年1月25日

1月20日(水)、大韓航空の常務日本地域前本部長チェ・ジョン・ホ氏と同社の常務日本地域新本部長キム・ジョンス氏がJATA田川会長を訪問し、日韓観光交流の拡大に努めていく方針を示しました。「MERSの終息に続き、政治的なハードルが低くなったので、日本人観光客からの予約が増えています。今後、観光客の拡大をサポートするため、新しい地域との接続性を高めることを検討しています。日本人観光客の拡大に協力をさせていただきます」と話されました。

田川会長は、「昨年、さまざまな事情で韓国を訪れる日本人観光客が減少しましたが、JATAの事業をしっかりと行っていく予定です。今後両国がオリンピックに向けて、協力していけば観光交流が拡大するでしょう。」と応じました。


  • 田川会長(左)、中村理事長(右)

  • チェ・ジョン・ホ氏

Mr. Jung Ho Choi, Korean Air, Regional Director & Managing Vice President, Japan, and his successor, Mr. Jeong Soo Kim visited Mr. Hiromi Tagawa, Chairman of JATA, on January 20th, Wednesday

During the visit, Mr. Jung Ho Choi talked about the resolve of the company’s management to contribute to the expansion of travel exchange between South Korea and Japan. “In addition to the end of the MERS outbreak, hurdles of political character have become lower and as a result the bookings by Japanese customers are increasing. In order to facilitate the increase of Japanese visitors, we are considering ideas for further improvement of the connectivity between the local regions of both countries,” explained Mr. Choi.

“Under last year’s circumstances, the number of Japanese visitors to South Korea decreased. However, we are going to complete our promotional projects on Korea and expect our efforts to pay off. As both countries will be Olympic hosts, we believe that our cooperation will help expand bilateral travel exchange,” said Mr. Tagawa in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る