現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2016年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

2月26日(金)、バングラデシュ人民共和国大使ラバブ・ファティマ閣下がバングラデシュセミナーの際にJATA中村理事長を訪問

2016年3月7日

2月26日(金)、バングラデシュ人民共和国大使ラバブ・ファティマ閣下がバングラデシュセミナーの際にJATA中村理事長を訪問し、バングラデシュの観光促進への協力要請をされました。「バングラデシュは世界で最も大きいマングローブ、コロニアル時代のティーガーデンや文化遺跡観などといった観光資源が豊富で、これから観光産業が発展する期待がもたれています。大使館としてはJATAと協力しながら、ノウハウを学んでいきたいと思います。両国の航空局の交渉が進んでいるので、直行便が就航したら、日本人の観光客も増えるのではないかと期待しています。日本からのさまざまな分野の投資の増大にも取り組んでおり、観光分野で投資誘致していきたいと思います」と話されました。

中村理事長は、「バングラデシュに関する知識を深めるため、具体的な情報の提供が必要だと思います。豊かな観光素材を利用し、継続的に観光促進を行っていけばシニア増などに人気がでるでしょう」とアドバイスされました。


  • 中村理事長

  • ラバブ・ファティマ閣下

H. E. Ms. Rabab Fatima, Ambassador of the People's Republic of Bangladesh in Japan, visited Mr. Tatsuro Nakamura, President of JATA, on February 26th, Friday

During her visit, H.E. Ms. Rabab Fatima introduced the most outstanding travel resources of her country and asked for JATA’s cooperation in the tourism promotion of Bangladesh in Japan. “Bangladesh is the home of the world’s largest mangrove forest, colonial tea gardens and countless historical and cultural monuments. With the existence of so many tourism resources we expect that the Bangladeshi travel industry will develop and as an embassy, we will be cooperating with JATA and learning from your experience. The negotiations about direct flights have been completed at state level and we expect that the number of Japanese visitors will grow as soon as the flights are inaugurated. We have been working to increase Japanese investments in different industries and hope to attract investments in the field of travel and tourism, too,” said the ambassador.

“Regular supply of up-to-date information is indispensable for improving the awareness of Bangladesh as a travel destination. Continuous tourism promotion will kindle the interest of the senior travelers and other market segments,” said Mr. Nakamura in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る