現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2016年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

3月1日(火)、ザンビア共和国大使ンディヨイM.ムティティ閣下がJATA本部を訪問

2016年3月7日

3月1日(火)、ザンビア共和国大使ンディヨイM.ムティティ閣下がJATA本部を訪問し、ザンビアの観光資源を紹介しました。「ビクトリア・フォールや国立公園の大自然に加えて、多民族の文化祭りや伝統的な式典が観光客に人気があります。ザンビア政府は新しい観光地の開発に努めているので、日本でその地域の魅力を発信していきたいと思います。日本人の観光客のザンビアでの滞在を長くすることにも努めていきたい」と話されました。

越智事務局長は、「日本の旅行会社はツアー商品の多様化のため、新しい観光地を探しているので、ザンビアの文化や大自然などの魅力を味あわせるさまざまなセミナーやイベントなどを実施していけば、認知度が高まり、観光客の増加につながるでしょう」と応じました。


  • 越智理事・事務局長

  • ンディヨイM.ムティティ閣下

H. E. Ms. Ndiyoi M. Mutiti, Ambassador Extraordinary and Plenipotentiary of the Republic of Zambia, visited the Headquarters of JATA on March 1st, Tuesday

During her visit, Her Excellency met Mr. Yoshinori Ochi, Director of the Board and Secretary General of JATA, and introduced the tourism resources of Zambia. “In addition to the Victoria Falls and national parks, Zambia is well known for the rich cultural traditions of the many tribes who make up the population of the country. The Zambian authorities have been making efforts to develop new destinations and we will be working to promote the tourism attractions there to the Japanese potential travelers and to increase the number of overnights made by Japanese visitors in Zambia,” said N. E. Ms. Mutiti.

“Japanese travel companies that are looking to diversify their tour products have been looking for new destinations. Events which will allow them to experience the culture and feel the attraction of the great nature of Zambia will help improve the recognition of the country as a travel destination and will result in an increase in the number of visitors,” said Mr. Ochi.


記念撮影

このページの先頭へ戻る