現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2016年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

3月28日(月)、大韓航空ソウル本社旅客事業本部長専務の馬元氏がJATA中村理事長を訪問

2016年4月4日

3月28日(月)、大韓航空ソウル本社旅客事業本部長専務の馬元氏がJATA中村理事長を訪問し、今後の日韓間の観光交流の拡大に関して意見交換をされました。「1月〜3月に訪韓日本人観光客は2~3%増えていて、今後徐々に増加することを期待しています」と希望を語られました。

「韓国訪問の年とされている2016-2018年に合わせて、さまざまな観光促進活動を行っていく予定です。『韓国へ行こう』という専門サイトや日韓国交正常化50周年のロゴマークなどを作る計画があり、その50周年の特別事業として進めて生きたいと思います。また、MERSが終息したので、地方のイベントを含めて、去年行う予定だったイベントやキャンペーンを実施、展開をしていたい。貴社の各地から路線があるので、協力をいただければ幸いです」と中村理事長は話されました。


  • 中村理事長

  • 馬元氏

Mr. Won Ma, Senior Vice President, Passenger Business Division, Korean Air, Visited Mr. Tatsuro Nakamura, President of JATA, on March 28th, Monday

During the meeting with Mr. Nakamura, Mr. Ma inquired about the activities of JATA and exchanged ideas about the expansion of travel between Japan and South Korea. “There has been some though small increase (2-3%) in the Japanese visitors to South Korea during the first three months of this year and we hope for a steady growth further on.”

“The period 2016-2018 has been designated as “Visit Korea Year” and we are planning to conduct a number of promotional activities. There are plans in place to create a logo mark for the 50th anniversary of the improvement of bilateral relations between South Korea and Japan and launch a site “Visit Korea” on the occasion of the anniversary. The MERS outbreak is over and JATA will conduct the campaign which we had planned for 2015. As Korean Air flies from many regions in Japan, we would appreciate your cooperation during the campaign,” said Mr. Nakamura in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る