現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2016年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

4月14日(木)、ニュージーランド政府観光局アジア地区ジェネラル・マネージャー デービド・クレーグ氏がJATA田川会長を訪問

2016年4月25日

4月14日(木)、ニュージーランド政府観光局アジア地区ジェネラル・マネージャー デービド・クレーグ氏がJATAを訪問し、ニュージーランドへの日本人観光客の誘致について田川会長と意見交換されました。「ここ数年、シニア層に加えて、若いお客様がニュージーランドに興味を持つようになり、今後更なる成長をはかり、3年間の促進戦略を巡らしています。今後、注目すべきセグメントや商品に関するご意見を伺いたい」とアドバイスを求められました。

「ニュージーランドは安全だというポイントからプロモーションし、教育旅行、留学旅行、語学旅行などに力を入れていけば若い観光客が増加すると思います。北島を含めた、先住民文化が体験できるツアーが日本人の観光客の興味を引くでしょう。また、ブリズベンやクイーンズランド経由など、さまざまな航空ルートを使用していけば、更に魅力的な商品が作り出せると思います」と田川会長らは応じられました。


  • デービド・クレーグ氏

  • 田川会長

Mr. David Craig, General Manager Asia, Tourism New Zealand, visited Mr. Hiromi Tagawa, Chairman of JATA, on April 14th, Thursday

During the meeting with JATA Chairman Tagawa, Mr. Craig shared opinions about the Japanese market and Tourism New Zealand’s promotional strategy. “”During the past several years we have seen an increased interest not only by the senior travelers but also by young people and we are in the process of designing a 3-year strategy for further growth. We will follow your advice about the market segments which we need to focus on to ensure an increased number of visitors,” said Mr. Craig.

“The promotion of New Zealand should accentuate the fact that New Zealand is a safe destination. By offering more educational tours, exchange programs and language study opportunities you will be able to expand the young visitor numbers. Tours to the northern island offering experience of the indigenous culture are another way to attract Japanese public’s interest. You can also use flight connections via Brisbane and Queensland to increase the diversity of tour products,” said Mr. Tagawa in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る