現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2016年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

4月25日(月)、ニューカレドニア観光局ディレクターのジャン=ミシェル・フートラン氏がJATA中村理事長を訪問

2016年5月2日

4月25日(月)、ニューカレドニア観光局ディレクターのジャン=ミシェル・フートラン氏がJATA中村理事長を訪問し、ニューカレドニア観光局のマーケティング戦略やその目標についてお話されました。「70・80年代に日本は第一規模の市場でしたが、改めてイメージ作りが必要と認識しており、今後シニアや若者層を対象にプロモーションをしていく予定です。 ニューカレドニアのホスピタリティ、多様な風景などをイメージした『パシフィック・ハート』を新しいキャッチフレーズにしました。ビーチだけでなく、多様性に富んだ美しい自然やおもてなしの文化を提供、促進していきたいと思います」

中村理事長らは、「東南アジアのリゾートが積極的な観光促進を行っており、ニューカレドニアのイメージが弱くなっています。継続的かつ積極的に観光促進活動を行っていけば、定めた目標を達成するでしょう」と応じました。


  • ジャン=ミシェル・フートラン氏

  • 中村理事長

Mr. Jean-Michel Foutrein, Director, New Caledonia Tourism, visited Mr. Tatsuro Nakamura, President of JATA, on April 25th, Monday

At the meeting with Mr. Nakamura, Mr. Fourtein talked about the objectives and new marketing strategy of New Caledonia Tourism. “During the 70s and 80s, Japan was our largest source market. At present, however, we recognize the necessity to rebuild our image. Our promotion will target the young and senior market segments. The new logo “Pacific Heart” was chosen to convey the hospitality and the fascinating nature of New Caledonia. Our new strategy is to promote not just the beaches but the culture of hospitality and the diverse nature of the country,” said Mr. Foutrein.

“The image of New Caledonia in Japan has been overwhelmed by the appearance and dynamic promotion of Southeast Asian resorts. You should conduct long-term promotional activities in order to achieve your objectives in Japan,” advised Mr. Nakamura.


記念撮影

このページの先頭へ戻る