現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2016年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

5月26日(木)、オーストラリア政府観光局のノースアジア地区局長アンドリュー・ホグ氏がJATA田川会長を訪問

2016年6月6日

5月26日(木)、オーストラリア政府観光局のノースアジア地区局長アンドリュー・ホグ氏がJATA田川会長を訪問し、日本市場の重要性を強調し、今後のマーケティング戦略について意見交換されました。「ブリスベン、アデレードなど、新しいデスティネーションが開発され、魅力が増した一方、まだアピールが足りないので、今後日本市場の新しいニーズに合わせて、PRしていきたいと思います」

田川会長は、「日本人の新しいトラベルスタイルに合わせて、紹介する観光地や旅行中にできる経験を積極的に提案していただきたい。旅行会社は海外旅行の7割を取り扱っているので、旅行会社を対象にしたプロモーションを行っていけば、現在の成長が継続できるでしょう。また、ツーリズムオーストラリアの日本市場担当をできるだけ選任していただきたいです」とアドバイスや要望をされました。


  • アンドリュー・ホグ氏

  • 田川会長(向かって右)と越智理事・事務局長

Mr. Andrew Hogg, Regional General Manager, North Asia, Tourism Australia, visited Mr. Hiromi Tagawa, Chairman of JATA, on May 26th, Thursday

At the meeting with Mr. Tagawa, Mr. Hogg exchanged opinions about TA’s tourism promotion in Japan. “Newly developed destinations like Brisbane and Adelaide have contributed to increasing the attractiveness of Australia but they have not been promoted properly. I am aware that the promotion at present does not do them justice. We will adjust our strategy to the specifics of the Japanese market,” said Mr. Hogg.

“Promotion of places and activities based on the new travel style of Japanese overseas visitors and their demand for new experiences will be very much appreciated. Travel agencies in Japan handle about 70% of the overseas travel. If you target travel agencies with your promotion, the current upward trend will continue. We very much hope that Tourism Australia will appoint the new head of office in Japan as soon as possible,” said Mr. Tagawa in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る