現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2016年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

5月31日(火)、ジャマイカ政府観光局の局長、ポール・ペニクク氏がJATA中村理事長を訪問

2016年6月6日

5月31日(火)、ジャマイカ政府観光局の局長、ポール・ペニクク氏がJATA中村理事長を訪問し、ジャマイカの観光促進について意見を交わされました。「ジャマイカは、リゾートだけではなく、自然や文化、音楽、コーヒーなど、さまざまな観光資源があり、SITツアーの開発に努めています」

中村理事長は「日本人にとって、ジャマイカはリゾートのイメージが強いですが、ここ数年、他のリゾートデスティネーションが促進を行っているので、ビーチ・リゾート以外の魅力を伝える必要があると思います。一般の観光客に加えて、ジャマイカの特徴を旅行会社にアピールしていけばよいと思います」とアドバイスを寄せられました。


  • ポール・ペニクク氏

  • 中村理事長

Mr. Paul E. Pennikook, Director of Tourism, Jamaica Tourist Board, visited Mr. Tatsuro Nakamura, President of JATA, on May 31st, Tuesday

During the visit, Mr. Pennikook talked about the tourism promotion of Jamaica. “In addition to the beach resorts, Jamaica is famous for its nature, culture, music and coffee. We have been working on the development of SIT tours for the Japanese market.”

“For many Japanese, Jamaica means beach resorts. During the past several years, new resort destinations have entered the Japanese travel market. You need to distinguish Jamaica from the other resorts by showing what is special about it and convince potential travelers and travel industry professionals to make it their destination,” said Mr. Nakamura in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る