現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2016年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

6月7日(火)、中国・重慶空港集団有限公司 総経理補佐官 胡 淳氏がJATA中村理事長を訪問

2016年6月13日

6月7日(火)、中国・重慶空港集団有限公司、総経理補佐官 胡 淳氏がJATA中村理事長を訪問し、重慶空港の需要促進についてアドバイスを求められました。「重慶市の著しい経済成長が続き、重慶空港経由で中国国内のさまざまな観光地を訪問できるので、今後海外からの観光客が増加すると見込まれています。重慶・日本間の路線の利用者が年々増えていますが、日本からの観光客を増やしていきたい。空港で利用できるサービスの改善ができればと思います」

中村理事長は、「まずは、重慶市や重慶空港の認知度を高める必要があります。そのため、旅行会社を対象としたFAMツアーやセミナーなどを主催し、ツアー商品企画に使える情報を提供していけば、日本人観光客の増加が期待できます」とアドバイスを寄せられました。


  • 中村理事長

  • 胡 淳氏

Ms. Hu Chun, Assistant General Manager, Chongqing Airport Group Co., Ltd., Chongqing, China, visited Mr. Tatsuro Nakamura, President of JATA, on June 7th, Tuesday

During the meeting, Ms. Hu Chun sought advice on increasing the number of Japanese travelers to Chongqing Jiangbei International Airport. “The rapid economic development of Chongqing continues and as Jiangbei International Airport is a convenient connecting point to other tourist regions in west and south China we expect an increase of foreign visitors in the near future. The number of Japanese visitors has been increasing in recent years but it is still relatively small and we want to expand the flow from your country,” said Ms. Hu Chun.

“Before everything else, you need to improve the name recognition of Chongqing and Jiangbei Airport. Familiarization tours and seminars for travel agencies as well as regular supply of information which is necessary for tour planners will help you achieve better recognition and eventually increase the number of Japanese visitors,” said Mr. Nakamura in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る