現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2016年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

6月10日(金)、駐日ルワンダ共和国大使ベネティア・セブダンディ閣下がJATA中村理事長を訪問

2016年6月20日

6月10日(金)、駐日ルワンダ共和国大使ベネティア・セブダンディ閣下がJATA中村理事長を訪問し、ルワンダの観光資源を紹介されました。「ルワンダはマウンテン・ゴリラ・ウォッチングに加えて、コーヒー、文化など、豊富な観光資源があります。最近、エチオピアや中東経由でのアクセスがしやすくなっていて、日本からの観光客を増やしていきたいと考え、FAMツアーの実施やツーリズムEXPOジャパンでの出展を企画しています」
また、大使閣下は「ゴリラ・ネーミング・セレモニーにご参加していただきたい」と招待されました。

中村理事長らは、「マウンテン・ゴリラ・ウォッチング・ツアーだけでなく、文化や現地の生活などが経験できるツアーを提供し、ターゲット・マーケットを広げることによって、観光客の増加が期待できます」と応じました。


  • 中村理事長

  • ベネティア・セブダンディ閣下

H.E. Ms. Venetia Sebudandi, Ambassador of the Republic of Rwanda in Japan, visited Mr. Tatsuro Nakamura, President of JATA, on June 10th, Friday

At the meeting with Mr. Nakamura, H.E. Ms. Sebudandi talked about the tourism resources of Rwanda. “In addition to mountain gorilla watching, Rwanda can offer tours on themes such as coffee and culture. The country has become more easily accessible via the Middle East and Ethiopia. To increase the number of Japanese visitors, we would like to organize a familiarization tour. Rwanda will also be present as an exhibitor at the Tourism EXPO Japan,” said the ambassador and extended an invitation for a gorilla naming ceremony in 2017.

“If you expand your portfolio of mountain gorilla watching with tours which offer cultural experiences, you will widen the range of your target market segments and thus be able to attract a bigger number of Japanese tourists,” said Mr. Nakamura in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る