現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2016年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

7月13日(水)、駐日ザンビア共和国大使ンディオイ・ムリワナ・ムティティ閣下がJATA 本部を訪問

2016年7月18日

7月13日(水)、駐日ザンビア共和国大使ンディオイ・ムリワナ・ムティティ閣下が旅行会社やツアーオペレータを対象にした観光プレゼンのためJATA 本部を訪問し、志村理事長と歓談されました。
「ザンビアは大自然や民族文化といった観光素材が豊富で、世界で一番大きいコウモリの営巣所やユニークな宿泊施設でも知られています。日本でも観光地としての認知度を高めていきたいので、よろしくお願いします」

志村理事長は、「直行便がないので、渡航者数が少ないですが、ザンビアの魅力を促進していけば、認知度が高まるでしょう」と応じました。


  • 志村理事長

  • ンディオイ・ムリワナ・ムティティ閣下

H.E. Mrs. Ndiyoi M. Mutiti, Ambassador Extraordinary and Plenipotentiary of the Republic of Zambia, visited JATA on July 13th, Wednesday

At the meeting with Mr. Shimura, H.E. Mrs. Mutiti emphasized that Zambia is rich in tourism resources such wild life and tribal cultural traditions. “Kasanka National Park is the home of the world’s largest bat roosting site. Zambian countryside offers unique accommodation facilities which allow you to observe wildlife safely from a very close distance. The embassy will be working on the promotion of Zambia as a travel destination and we would appreciate your support,” said the ambassador.

Mr. Shimura said that while the lack of direct flights to Zambia is a drawback, “pro-active travel promotion of the country will help improve the recognition of Zambia as a destination for Japanese travelers.”


大使ご本人が、ザンビアの魅力について1時間以上に渡りプレゼンされました


記念撮影

このページの先頭へ戻る