現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2016年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

7月22日(金)、駐日モルディブ特命全権大使アハメド・カリール閣下がJATA志村理事長を訪問

2016年8月1日

7月22日(金)、駐日モルディブ特命全権大使アハメド・カリール閣下がJATA志村理事長を訪問し、 「日本・モルディブ国交樹立の50周年となる2017年に向けて、観光促進の強化を図りたい」と話されました。
「現在、直行便はありませんが、直行便の就航のため、いくつかの航空会社をアプローチしています」

志村理事長らは、「モルディブへの日本人の渡航者数は好調に推移していますが、来年の50周年に向けて、ツーリズムEXPOジャパンでの活動を含めて、サポートしていきたいと思います」と応じました。


  • 志村理事長(向かって左)と越智事務局長

  • アハメド・カリール閣下

H.E. Mr. Ahmed Khaleel, Ambassador of the Republic of Maldives in Japan, visited the Headquarters of JATA on July 22nd, Friday

During his visit, H.E. Mr. Khaleel said that the embassy would like to strengthen the tourism promotion activities as 2017 will mark the 50th anniversary of the establishment of diplomatic relations between the Maldives and Japan. “We have been talking to several airlines to explore options for launching direct flights from Japan,” added the ambassador.

“The number of Japanese visitors to the Maldives has been steady in recent years. We will support your promotional activities on the occasion of the 50th anniversary of the establishment of diplomatic relations,” said Mr. Shimura in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る