現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2016年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

8月3日(水)、トルコ共和国大使館の文化広報参事官カラクシュ氏がJATA田川会長を訪問

2016年8月8日

8月3日(水)、トルコ共和国大使館の文化広報参事官カラクシュ氏がJATA田川会長を訪問し、トルコの現在の状況を説明されました。
「7月15日のイスタンブール国際航空で発生したテロ事件後、トルコ政府は安全措置を強化しており、イスタンブールの日常生活が正常に戻っており、テロ以前より安全だと確信しています。日本人による観光の回復を図りたいので、アドバイスを伺わせてください」と話されました。

田川会長らは、「トルコが危ないと思っている日本人が多くなってきて、そのイメージを打破するのが重要です。安全措置の強化、その具体的な情報を日本市場に伝えていけば、観光客が戻ることが期待できます」と応じました。


  • カラクシュ氏

  • 田川会長(向かって左)と志村理事長

Mr. Ali Karakus, Culture and Information Counsellor, Turkish Embassy Tokyo, visited Mr. Hiromi Tagawa, Chairman of JATA, on August 3rd, Wednesday

During the meeting, Mr. Karakus explained the current situation in Turkey and said that after the incident at the Istanbul international airport in July, the government implemented safety measures and the “everyday life in Istanbul is back to normal. I assure you that Istanbul is even safer than it was before the bombing at the airport. We hope for a recovery of Japanese travel to Turkey and need your advice on how to achieve it.”

Mr. Tagawa said that the perception that in Turkey people are in danger of terrorist attacks needs to be changed. “You should give detailed information about the new security measures to the general public. Once people feel that the government is working to protect visitors, you can expect gradual recovery of the tourist flow from Japan.”


記念撮影

このページの先頭へ戻る