現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2016年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

8月9日(火)、ペルー・マチュピチュ村議議員のジョゼフ・チト・ザネス氏とルベン・ダリオ・カルピオ・デルガド氏がJATAを訪問

2016年8月22日

8月9日(火)、ペルー・マチュピチュ村議議員のジョゼフ・チト・ザネス氏とルベン・ダリオ・カルピオ・デルガド氏がJATAを訪問し、「マチュピチュは今後、世界遺産都市と友好都市関係を築いていきますが、その前にマチュピチュ村の創設発展に尽力した元村長野内与吉氏の渡航100周年、および野内氏の故郷、福島県大玉村とマチュピチュ村の友好都市締結をしました。日本の観光地を訪れ、非常に整備されていることを参考に、我々もマチュピチュの観光地としての更なる開発に努めて行きたいと思います」

志村理事長らは、「マチュピチュは人気が高く、日本の旅行会社が沢山の観光客を送っていますが、これからも送客に力を入れて行きます」と応じました。


  • ジョゼフ・チト・ザネス氏とルベン・ダリオ・カルピオ・デルガド氏

  • 志村理事長

Mr. Joseph Tito Zanes and Mr. Ruben Dario Carpio Delgado, Members of the Village Council of Machu Picchu, Peru, visited JATA on August 9th, Tuesday

During the meeting, Mr. Zanes and Mr. Delgado explained that Machu Micchu is going to establish sister-city affiliations with seven world heritage sites. “Before everything else, however, we wanted to visit the home town of the founder of the village of Machu Picchu, Mr. Yokichi Nouchi. In commemorating the 100th anniversary of his arrival in Peru we entered into a sister-city relationship with his home village, Otama Mura in Fukushima Prefecture. During our visit in Japan we have been impressed with the high quality of tourism facilities and infrastructure and are resolved to use this experience in improving Machu Picchu as a travel destination,” said Mr. Zanes.

Mr. Shimura replied that JATA member companies have been able to send many tourists to Machu Picchu thanks to its popularity and that the companies will continue to offer tours to the world heritage site.


記念撮影

このページの先頭へ戻る