現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2016年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

9月23日(金)、ミャンマー観光大臣がJATA田川会長らを訪問

2016年10月10日

9月23日(金)、ミャンマー観光大臣がJATA田川会長らを訪問し、日本人の観光客数の拡大について意見交換しました。「先月に発生し地震によって、バガン巨大遺跡がダメージを受けていますが、その規模はそれほど大きくないです。ミャンマー政府は今後UNESCOの文化財の保護ガイドラインに基づいて、文化遺跡の保護に努めていきます。現在全日空がヤンゴンへ就航していますが、今後、ミャンマー上部への直行便の就航ができれば開発が更に進むと思います」

田川会長らは、「文化遺産の保護に加えて、観光インフラも重要ですので、送客のため、現在の状況について具体的な情報を旅行会社に提供していただきたいです。ミャンマーはコミュニティー・ツーリズムを始め、観光開発はこれからだと思いますが、マーケティングに力を入れていただければ、JATAとして協力します」と話されました。


  • ミャンマー観光大臣(向かって左)

  • 向かって右から田川会長、丸尾副会長、志村理事長

Mr. Ohn Maung, Union Minister, Ministry of Hotels & Tourism of the Republic of the Union of Myanmar, visited Mr. Hiromi Tagawa, Chairman of JATA, on September 23rd, Friday

During his visit, Minister Ohn Maung exchanged opinions about the increase of Japanese visitors to Myanmar. “Although the recent earthquake affected (the world heritage site of) Bagan, the damage is still very limited. The government of Myanmar will follow the guidelines for restauration and preservation of world heritage sites set by UNESCO. At present, ANA flies to Yangon but if direct flights to Upper Myanmar commence, we can speed up the development of the country.”

“In addition to the proper preservation and maintenance of world heritage sites, it is important to develop tourism infrastructure and inform Japanese travel agencies about it. Myanmar is a perfect destination for community tourism, but we believe that it has the potential to develop as a tourist destination which can welcome different types of travelers. However, you need to invest in marketing, too. JATA will support your promotional activities in Japan,” said Mr. Tagawa in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る