現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2016年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

9月24日(土)、モルディブ政府観光局のハリス・モハメド局長がJATA志村理事長を訪問

2016年10月17日

9月24日(土)、モルディブ政府観光局のハリス・モハメド局長がJATA志村理事長を訪問し、モルディブ政府の観光開発・促進戦略についてお話されました。「モルディブ政府は観光施設の多様化に力を入れており、今後、日本からの直行便に関する交渉を行っていますが、現在アジアの主都市経由でアクセスできますので、若者やファミリーに加えてシニアを対象にPRを行っていきます」

志村理事長は、「モルディブは日本人にとってレガシー・デスティネーションですが、今後、モルディブの文化や歴史などを紹介し、商品の多様化を提案していただければ、観光客の増加ができると思います」と応じました。


  • ハリス・モハメド氏(向かって左)

  • 志村理事長

Mr. Haris Mohamed, Executive Director of the Maldives Marketing & Public Relations Corporation, visited Mr. Shimura, President of JATA, on September 24th, Saturday

At the meeting with Mr. Shimura Mr. Mohamed disclosed the strategy for further tourism development and promotion of the government of the Maldives. “The Maldives Government is committed to diversifying the tourist facilities of the country and is currently conducting negotiations with airlines regarding direct flights from Japan. Currently, there are many flights to other Asian airports and we are promoting our destinations to the youth and family markets. The senior market is also on our list of the to-do tasks.”

“The Maldives is a well-established destination in Japan. However, we would appreciate it if you promoted the culture and history of the country and diversify not only your accommodation facilities but your products as well as we believe it will help increase the number of Japanese visitors,” said Mr. Shimura.


記念撮影

このページの先頭へ戻る