現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2016年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

9月25日(日)、ラオス情報・文化・観光省ツーリズムマーケティング局の局長サリー・フィンフィニト氏がJATA田川会長を訪問

2016年10月17日

9月25日(日)、ラオス情報・文化・観光省ツーリズムマーケティング局の局長サリー・フィンフィニト氏がJATA田川会長を訪問し、今後ラオスへの観光拡大に関するアドバイスを求めました。

田川会長は「先住民の文化とフランスの影響が融合したラオスの魅力をPRしながら、エコツーリズムの最高の観光地として開発していただきたい」と応じました。


  • サリー・フィンフィニト氏

  • 田川会長(向かって右)と志村理事長

Mr. Saly Phimphinith, Director, Tourism Marketing Department, Ministry Of Information, Culture and Tourism, Laos, paid a visit to Mr. Tagawa, Chairman of JATA, on September 25th, Sunday

During his visit, Mr. Phimphinith talked about the future growth of Japanese tourism to Laos and asked for advice on promotion and product development.

Mr. Tagawa said that Laos should promote the unique fusion of local indigenous traditions and French culture as it has the potential to turn into a unique attraction to tourists. Laos, which is still a clean plate in terms of tourism development, should also aim at positioning itself as an eco-tourism destination, where nature has not been tamed by people and can be experienced in its purest form.


記念撮影

このページの先頭へ戻る