現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2016年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

10月19日(水)、ブルキナファソ文化芸術観光大臣のタヒル・バリー氏がJATA本部を訪問

2016年10月24日

10月19日(水)、ブルキナファソ文化芸術観光大臣のタヒル・バリー氏がJATA本部を訪問し、ブルキナファソのプロモーションについて懇談されました。

越智局長らは、「西アフリカを訪れる日本人の観光客は、民族文化、地元住民の日常生活など、そこでしか経験できないことに興味を持っています。貴国は観光客数の増加というより、地元の文化を大事にして経験したい人を誘致すればよいと思います」とアドバイスを寄せられました。


  • タヒル・バリー氏(向かって右)

  • 越智事務局長(向かって右)と重田海外旅行推進部長

Mr. Tahirou Barry, Minister of Culture, Art and Tourism of Burkina Faso, visited the Head Quarters of JATA on October 19th, Wednesday

Mr. Barry met with Mr. Yoshinori Ochi, Director of the Board and Secretary General of JATA, and sought advice about the tourism promotion of Burkina Faso in Japan.

“The Japanese tourists who visit the countries of West Africa are interested in the local culture, diverse traditions and everyday life in the villages there. Rather than aiming at attracting large numbers of visitors you should appeal to potential travelers who want to visit on tours which offer unique experience and show the importance of the locals’ way of life,” said Mr. Ochi.


記念撮影

このページの先頭へ戻る