現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2016年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

10月20日(木)、メキシコ航空のチーフ・レベニュー・オフィサーのアンコ・ヴァン・デル・ヴェルフ氏がJATA本部を訪問

2016年10月31日

10月20日(木)、メキシコ航空のチーフ・レベニュー・オフィサーのアンコ・ヴァン・デル・ヴェルフ氏がJATA本部を訪問し、メキシコ航空の日本市場を対象にしたビジネス企画についてお話されました。「2017年3月より、メキシコシティ便がデイリーになります。中南米やメキシコ国内への乗り継ぎのフライトも数多くあるので、日本からの訪問者が増加するでしょう」

越智局長は、「メキシコの文化遺産や高級リゾートに加えて、アクセスのしやすさや、乗り継ぎの詳細の積極的なPRが渡航者数の増加に繋がるでしょう」と応じました。


  • 越智事務局長

  • アンコ・ヴァン・デル・ヴェルフ氏

Mr. Anko Van Der Werff, Chief Revenue Officer, Grupo Aeromexico, visited the Head Quarters of JATA on October 20th, Thursday

During his visit, Mr. Van Der Werff met with Mr. Yoshinori Ochi, Director of the Board and Secretary General of JATA, and shared ideas on the business growth of Aero Mexico. “From March 2017, we will fly daily to Narita and with the great number of connecting flights to South America and within Mexico, we expect the Japanese visitors to increase.”

“In addition to the cultural heritage and luxury resorts, you should promote the accessibility and good connections with other destinations as such a promotion is likely to further expand the number of Japanese customers on your flights,” advised Mr. Ochi.


記念撮影

このページの先頭へ戻る