現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2016年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

11月24日(木)、韓国観光公社の東京支社長シン・サン・ヨン氏がJATA田川会長を訪問

2016年12月5日

11月24日(木)、韓国観光公社の東京支社長シン・サン・ヨン氏が田川会長を訪問し、JATAの協力に対して感謝を表し、今後日本の韓国観光を復興させるため、JATA役員と意見を交わされました。「今年は双方交流が700万人になりますが、来年、更に拡大させたいと思います。KTOとしては、2017年中に様々なイベントを計画しており、JATAの協力をお借りして、沢山の日本人観光客を誘致したいと思います」

田川会長らは、「我々の業界は韓国市場を重視しており、来年様々な形で協力し、韓国を訪れる観光客を増やしていきたいと思います。韓国の新しい魅力を見せるツアーを企画していく必要があるので、そのため、旅行会社向けの最新情報を提供していただきたい。また、2018年の冬季オリンピックは観光客を誘致する大きなチャンスですから、力を合わせて韓国の豊富な観光素材の新しい見せ方を提供し、観光交流を拡大したいと思います」と応じました。


  • シン・サン・ヨン氏

  • 田川会長

  • 戸川副会長

  • 菊間副会長(向かって右)、志村理事長

  • 越智事務局長

Mr. Shin Sang Yong, Executive Director, Tokyo Office, Visit Korea, visited Mr. Tagawa on November 24th, Thursday

During the visit, Mr. Shin Sang Yong expressed appreciation of the cooperation of JATA and shared ideas about the recovery of Japanese travel to South Korea. “This year, we are heading for seven million people bilateral exchange but do very much hope to further expand the number in 2017. KTO is planning multiple events for next year and we will rely on your support to make them successful,” said Mr. Shin Sang Yong.

Mr. Tagawa emphasized the importance of the South Korean market and said that JATA and its members are willing to work to expand the number of Japanese tourists visiting South Korea. “It is necessary that we plan tours showing the new attractiveness of the country. We would appreciate any specific information offered to travel agencies. The 2018 Olympics are a chance to attract more visitors to South Korea and we hope to be working together on finding new ways to introduce the tourism resources of South Korea and expand the flow of Japanese visitors.”


記念撮影

このページの先頭へ戻る