現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2016年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

12月21日(水)、マリオット インターナショナル ハワイ地域バイス・プレジデントのハリス・チャン氏がJATA田川会長を訪問

2017年1月4日

12月21日(水)、マリオット インターナショナル ハワイ地域バイス・プレジデントのハリス・チャン氏がJATA田川会長を訪問し、ハワイの観光促進戦略についてお話されました。「プレクリアランスが導入されて良かったですが、今後ホノルル空港だけではなく、他の島の空港行の飛行機もプレクリアランスが導入されるため、政府と交渉中です」

田川会長らは、「日本市場の構成が変わってきているので、その新しいニーズに合わせ、新しい商品や、例えば、ホノルルが都市化しているので、今後パシフィック・アイランドの雰囲気をどう出すのかが一つのテーマだと思います。また、MICEやイベントをテーマにした商品も積極的に造って、提供していけば、渡航者数の維持に繋がるでしょう」とアドバイスされました。


  • 田川会長

  • ハリス・チャン氏

Mr. Harris Chan, Area VP, Marriott International Hawaii Region, visited Mr. Tagawa, Chairman of JATA, on December 21st, Wednesday

During the visit, Mr. Chan and Mr. Tagawa talked about the tourism marketing strategy of Hawaii. “The pre-clearance which was introduced earlier this year has been very helpful and we are pushing for implementing pre-clearance on flights to other the Hawaiian Islands,” said Mr. Chan.

“The structure of the Japanese market has changed and it is necessary to adjust your product to the newly developed needs. Honolulu, for example, has become more of an urban resort so it is necessary to consider how to enhance the atmosphere of a pacific island. Creating and offering MICE and event-themed tour products will result in maintaining the number of Japanese visitors,” said Mr. Tagawa.


記念撮影

このページの先頭へ戻る