現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2017年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

1月13日(金)、イスラエル観光省の事務次官アミール・ハレヴィ氏がJATA菊間副会長を訪問

2017年1月23日

1月13日(金)、イスラエル観光省の事務次官アミール・ハレヴィ氏がJATA菊間副会長を訪問し、日本での観光促進について意見交換されました。

菊間副会長は、「イスラエル観光の特徴はFITではなく、パッケージ旅行者にほぼ限定されており、イスラエルパッケージツアーを造成する会社を増やす必要だと思います。航空インフラが改善されていますし、同日乗り継ぎ可能な航空会社も少なくありませんが、駐日観光局が廃止されたので、今現在イスラエルへの観光は盛り上がっていません」と現状を説明されました。

イスラエル観光省の事務次官アミール・ハレヴィ氏は、「今後の2年間に日本からの観光客数を2万人に拡大したいです。そのため、JATAの活動への協力・参加を更に強めていきたいと思います。また、イスラエル大使館内に、観光担当者を採用したいので、アドバイスや協力をいただければ幸いです」と要望されました。


  • アミール・ハレヴィ氏

  • 菊間副会長

Mr. Amir Halevi, Director General, Israel Ministry of Tourism, visited JATA Vice-Chairman Kikuma on January 13th, Friday

During the meeting, Vice-Chairman Kikuma said that the largest part of Japanese visitors to Israel go there on package tours and it is important to increase the number of travel agencies that will plan and offer tour programs to Israel. “The flight connections have improved a lot recently and many airlines offer flight connections on the same day. Unfortunately, as the tourism representative office in Japan closed down, there has not been much talk about Israel as a travel destination.”

Mr. Halevi said that the government is aiming at increasing the Japanese visitors to 20,000 in the next two years. “In order to achieve this target, we will strengthen our cooperation with JATA and participate in its promotional activities. We are also planning to base a person in charge of tourism promotion in the Israeli embassy in Tokyo. JATA’s advice on travel-promotion will be highly appreciated.”


記念撮影

このページの先頭へ戻る