現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2017年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

2月7日(火)、ガルーダ・インドネシア航空の日本・韓国・アメリカ地区総代表フィクダネル・タウフィック氏がJATA志村理事長を訪問

2017年2月13日

2月7日(火)、ガルーダ・インドネシア航空の日本・韓国・アメリカ地区総代表フィクダネル・タウフィック氏がJATA志村理事長を訪問し、今後の経営企画についてお話されました。「成田経由でロサンゼルスへ定期便を就航する予定です。インドネシアの島々で新しいリゾートが開業されているので、「Beyondバリ」のマーケットの拡大を期待しています」

志村理事長らは、「新しく開発されたリゾートや観光地へお客様を送れるようになるために、乗り継ぎのフライトだけではなく、ツアープランナーが利用できる詳しい情報を提供していただきたいです。今後、ビジネス関係を強化できれば幸いです」と応じました。


  • フィクダネル・タウフィック氏

  • 左から志村理事長、越智事務局長

Mr. Fikdanel Thaufik, Vice President, Japan, Korea & USA Region, Garuda Indonesia, visited Mr. Tadashi Shimura on February 7th, Tuesday

During the visit, Mr. Thaufik talked about the plans of the Indonesian flag carrier to fly to Los Angelis via Tokyo. Mr. Thaufik also specified that the company is expecting a better traffic to destinations beyond Bali, as many new resorts have started operating on a number of Indonesian islands.

Mr. Shimura said that in order to be able to send tourists to the newly developed resorts and tourist attractions, the tour planners need detailed, up-to-date information provided by the Indonesian stakeholders. The representatives of JATA expressed their hope for a more active approach by the Indonesian government so that the business relations between Indonesia and Japan and their private sectors could be strengthened for the benefit of all parties involved.

このページの先頭へ戻る