現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2017年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

5月15日(月)、駐日モルディブ大使モハメド・フセイン・シャリーフ閣下がJATA志村理事長を訪問

2017年5月22日

5月15日(月)、駐日モルディブ大使モハメド・フセイン・シャリーフ閣下がJATA志村理事長を訪問し、日本市場におけるモルディブの観光促進について意見交換を行われました。
「モルディブは、お客様対応の多様化を図り、ハイエンドのリゾートだけではなく、ミドルクラスのホテルやリゾートも整備しています。現在では、直行便がないにもかかわらず年間4万人がモルディブを訪れます。直行便を就航したら日本からの観光客数が更に伸びると思います。今後、ツーリズムEXPOジャパンの出展に加えて、7月〜8月に日本の主要都市でロードショーを行う予定です」

志村理事長らは、「モルディブはハイクラスの観光地だというイメージが強いので、ミドルクラスのホテルやリゾートを促進していけば、観光客数の増加に繋がるでしょう」と応じました。


  • 駐日モルディブ大使 モハメド・フセイン・シャリーフ閣下

  • 向かって左から志村理事長、権田海外旅行推進部長

H. E. Mr. Mr. Mohamed Hussain Shareef, Ambassador of the Republic of Maldives in Tokyo, visited Mr. Tadashi Shimura, President of JATA, on May 15th, Monday

At the meeting with President Shimura, H. E. Mr. Shareef exchanged opinions about the tourism promotion of the Maldives in Japan. “In recent years, we have diversified our accommodation facilities, adding a new range of mid-level hotels and resorts as we aim to attract not only high-end but also middle-class visitors. There are no direct flights at present, yet about 40,000 Japanese come to the Maldives every year. Direct flights will help us increase that number. To strengthen our presence, we are going to run a promotional campaign in July and August and participate in Tourism EXPO Japan.”

“Most Japanese think of the Maldives as a luxury destination. To change this image you need to advertise the new accommodation facilities for middle-class visitors. This will help you grow your visitor base,” said Mr. Shimura in reply.


  • モルディブ駐日大使より記念品をいただいた

  • 記念撮影

このページの先頭へ戻る