現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2017年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

6月26日(月)、オーストラリア・クイーンズランド州政府観光局CEOのリアン・コディントン氏と同局の日本局長ポール・サマーズ氏がJATA本部を訪問

2017年7月3日

6月26日(月)、オーストラリア・クイーンズランド州政府観光局CEOのリアン・コディントン氏と同局の日本局長ポール・サマーズ氏がJATA本部を訪問し、クイーンズランドへの観光客の増加やそれに関わる航空座席供給などについて意見交換されました。「今後、観光客の増加に伴い、航空座席供給を拡大する必要があると考えます。 ゴールドコーストでは新しいショッピングセンター、ケアンズでは水族館が開設され、クイーンズランドの観光地としての魅力が更に増えるでしょう」

越智局長らは、「旅行会社はツアー企画ができるように、アドバンスブッキングシステムなどを導入していけば、ツアー利用の顧客が増加するでしょう。そして、ターゲット客層を絞って、観光促進を行えば、良い成果がでると思います」と応じました。


  • 越智事務局長

  • リアン・コディントン氏


歓談の様子

Ms. Leanne Coddington, Chief Executive Officer of Tourism & Events Queensland, Australia, and Mr. Paul Summers, International Director Japan, visited the Head Quarters of JATA on June 26th, Monday

During their visit, Ms. Coddington and Mr. Summers exchanged opinions about the further increase of Japanese visitors to Queensland and the challenges such an increase involves. “With the increase of visitors, we will need to address the air seat capacity. A new shopping center in Gold Coast and an aquarium in Cairns will open this year and this will further increase the attractiveness of Queensland.”

Mr. Ochi, Director of the Board and Secretary General, advised that the introduction of an advance booking system will help expand the number of visitors traveling on package tours. “As you choose your target segments, your promotional activities should bring positive results.”


全員で記念撮影

このページの先頭へ戻る