現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2017年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

8月22日(火)、米国・グアム準州副知事レイモンド・S・テノリオ氏とグアム政府観光局局長兼CEOジョン・ネイサン・デナイト氏がJATA本部を訪問

2017年9月4日

8月22日(火)、米国・グアム準州副知事レイモンド・S・テノリオ氏とグアム政府観光局局長兼CEOジョン・ネイサン・デナイト氏がJATA本部を訪問し、グアムの現状についてお話されました。「グアムは依然として安全な観光地であり、現在でも日常生活には変化が見られなく、安全な環境で滞在が楽しめます。修学旅行などのシーズンが目の前ですので、日本人のお客様に安心してグアムを訪れていただきたいと思います」

それに対して越智事務局長は「修学旅行に携わる旅行会社、お客様である高校・大学などへ知事からのアピールが重要だと考えます。日本-グアム間の直行便の減少・増加によって、観光客数が左右されるので、今後直行便の増加に取り組んでいけば、日本人の渡航者が増えるでしょう」とアドバイスを寄せられました。


  • レイモンド・S・テノリオ氏

  • 越智事務局長(向かって右)とレイモンド・S・テノリオ氏

Lieutenant Governor of Guam Reynold S. Tenorio and the President and CEO of Guam Visitors Bureau Mr. Jon Nathan P. Denight visited the Headquarters of JATA on August 22nd, Tuesday

During their visit, Lieutenant Governor Tenorio and Mr. Denight talked about the current reality in Guam. “Guam has always been a safe destination and at present, there is no change in people’s everyday life. Our visitors can enjoy their holidays in a safe environment. Just before the start of the school trips season, and we want our Japanese visitors to feel safe and secure and enjoy their stay with us.”

“We believe that a direct appeal by the Governor of Guam to the travel companies which offer school trips and to the schools and colleges which might consider sending their students to Guam is important to reassure them. The changes in the number of direct flights between Guam and Japan considerably affect the number of visitors. If you achieve an increase in the number of flights, the number of visitors will grow, too,” said Mr. Ochi, Director of the Board and Secretary General of JATA, in reply.


全員で記念撮影

このページの先頭へ戻る