現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2017年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

9月21日(木)、スーダン観光・古代・野生動物大臣モハメド・アブザイド・ムスタファ氏がJATA田川会長を訪問

2017年10月16日

9月21日(木)、スーダン観光・古代・野生動物大臣モハメド・アブザイド・ムスタファ氏がJATA田川会長を訪問し、「スーダンは、観光地としてのイメージがありませんでした。「現在南スーダンと間違われることもあり、メディアの報道もいい印象では伝えませんが、スーダンの情勢は安定しています。見所が沢山あるので、日本人観光客を増やしていきたい」と話されました。田川会長らは、「メディアを対象にした研修旅行の実施や駐日大使館による情報発信をしていけば、認知度を高めつつ、ポジチブなイメージを発揮できるでしょう」とアドバイスを寄せられました。


  • 田川会長(向かって右)とモハメド・アブザイド・ムスタファ氏

  • モハメド・アブザイド・ムスタファ氏(右から2番目)とスーダンの関係者


懇談の様子

Mr. Mohamed Abuzaid Mustafa, Minister of Tourism, Antiquities and Wildlife, the Republic of Sudan, visited Mr. Hiromi Tagawa, Chairman of JATA, on September 21st, Thursday

During his conversation with Mr. Tagawa, Mr. Mohamed Abuzaid Mustafa talked about the importance of media reporting and the current situation in Sudan. “Unfortunately, many people seem to mistake Sudan with South Sudan. While the media report mostly incidents, the political and social environment in Sudan is indeed very stable. Sudan has a lot to offer and we are keen on expanding the number of Japanese visitors.” Mr. Tagawa replied that inspection and familiarization tours for media would be instrumental in improving the image of Sudan. Regular release of up-to-date travel information by the Sudanese embassy in Tokyo will elevate the recognition of the country and improve the image of Sudan.”


全員で記念撮影

このページの先頭へ戻る