現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2017年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

10月20日(金)、フィリピン・ダバオ市観光委員会委員長のアル・ラヤン・アレハンドレ氏と ダバオ市観光局局長のレギナ・ローサ・テスコン氏がJATA志村理事長を訪問

2017年10月30日

10月20日(金)、フィリピン・ダバオ市観光委員会委員長のアル・ラヤン・アレハンドレ氏とダバオ市観光局局長のレギナ・ローサ・テスコン氏がJATA志村理事長を訪問し、フィリピンの観光素材や日本からのアクセスなどについてお話されました。「マニラとセブに次ぐ第3の都市であるダバオはエコリゾートの施設やマリンアクティビティーの施設が整備されており、一年を通じて快適な気候に恵まれています。危険情報がレベル2-3のミンダナオ島の影響でダバオも危ないと思われていますが現状は安全です。次年度フィリピン航空ないしはセブンパシフックのフライトがセブ以遠でダバオまで延びる可能性があります」

志村理事長は「ダバオが安全である情報を積極的に旅行業界や一般のお客様に伝えていただきたい」と応じられました。


  • フィリピン・ダバオ市の観光関係者

  • 向かって左から志村理事長、権田海外旅行推進部長


懇談の様子

Mr. Al Ryan Alejandre, Chairperson, Committee on Tourism, and Ms. Regina Rosa Tecson, Head, City Tourism Operations Office, City Government of Davao, visited Mr. Tadashi Shimura, President of JATA, on October 20th, Friday

During their visit, Mr. Alejandre and Ms. Tescon talked about the travel and tourism resources of Davao. “Davao is the third largest city in the Philippines which boasts eco-resorts facilities and infrastructure for marine activities. The climate is mild throughout the year. Unfortunately, it is often thought to be dangerous because of its closeness to the Mindanao Island. In reality, there are no safety concerns. In 2019, there is a possibility of either the Philippine Airlines of 7 Pacific to fly beyond Cebu to Davao.”

Mr. Shimura advised that the fact that, unlike Mindanao, Davao is safe to visit, should be conveyed consistently to both the travel industry and the general public.


全員で記念撮影

このページの先頭へ戻る