現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2017年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

10月25日(水)、ニューカレドニア観光局の局長ジャン-マルク・モスラン氏がJATA志村理事長を訪問

2017年10月30日

10月25日(水)、ニューカレドニア観光局の局長ジャン-マルク・モスラン氏がJATA志村理事長を訪問し、ニューカレドニアの新しい観光開発政策についてお話されました。「世界3大岩礁地域の一つであるニューカレドニアは、豊かな生態系を残す堡礁や環礁などに囲まれており、今後鉱業を減少し、観光開発に努めていく方針です。大自然の中での観光、街歩き、そして語学研修などのデスティネーションとして需要促進をしていきたいと思います。2018年のニューカレドニアのラグーンのUNESCO世界遺産10周年記念めがけて観光促進を展開する予定です」

志村理事長は「ダバオが安全である情報を積極的に旅行業界や一般のお客様に伝えていただきたい」と応じられました。


  • 向かって左から志村理事長、村井海外旅行推進部副部長、権田海外旅行推進部長

  • ジャン-マルク・モスラン氏


懇談の様子

Mr. Al Ryan Alejandre, Chairperson, Committee on Tourism, and Ms. Regina Rosa Tecson, Head, City Tourism Operations Office, City Government of Davao, visited Mr. Tadashi Shimura, President of JATA, on October 20th, Friday

During their visit, Mr. Alejandre and Ms. Tescon talked about the travel and tourism resources of Davao. “Davao is the third largest city in the Philippines which boasts eco-resorts facilities and infrastructure for marine activities. The climate is mild throughout the year. Unfortunately, it is often thought to be dangerous because of its closeness to the Mindanao Island. In reality, there are no safety concerns. In 2019, there is a possibility of either the Philippine Airlines of 7 Pacific to fly beyond Cebu to Davao.”

Mr. Shimura advised that the fact that, unlike Mindanao, Davao is safe to visit, should be conveyed consistently to both the travel industry and the general public.


全員で記念撮影

このページの先頭へ戻る