現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2017年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

11月16日(木)、オーストラリア、西オーストラリア州 観光・競馬賭博・中小企業・防衛問題・市民権多文化担当大臣ポール・パパリア衆議院議員閣下がJATA志村理事長を訪問

2017年11月20日

11月16日(木)、西オーストラリア州 観光・競馬賭博・中小企業・防衛問題・市民権多文化担当大臣ポール・パパリア衆議院議員閣下がJATA志村理事長を訪問し、西オーストラリア州の観光資源やインフラ、そして直行便の運航による観光交流の拡大についてお話しされました。「現在、パースと日本との交流は年に12万人ですが、双方交流が拡げます。パース都市圏内で体験できる多様なツアー素材に加えて、大自然や野生動物の観察なども日帰りツアーで楽しめます」

志村理事長らは、「直行便が就航すれば、観光交流が増えるでしょうが、BtoBプロモーションと同時にBtoCプロモーションを展開していけば、パースの認知度がさらに高まるでしょう。JATAとしても、より協力していきたいと思います」と応じました。


  • ポール・パパリア氏

  • 向かって左より志村理事長、権田海外旅行推進部長


懇談の様子

Hon Paul Papalia, CSA MLA, Minister for Tourism; Racing and Gaming, Small Business; Defence Issues; Citizenship and Multicultural Interests, Western Australia, Visited Mr. Tadashi Shimura, President of JATA, on November 16th, Thursday

During the courtesy call, Hon Paul Papalia talked about the tourism resources and infrastructure of Western Australia and about the potential to expand tourism exchange after the commencement of direct flights to Perth. “At present, 120,000 people travel annually between Perth and Japan and we believe that the number will grow. The metropolitan area offers a multitude of experiences to be had and our visitors can also enjoy nature and wildlife locations which are situated short-distance from the city.”

Mr. Shimura and other representatives of JATA commented that with the launch of direct flights two-way travel is expected to grow further. “However, BtoB and BtoC promotion is essential for raising the awareness of Perth and Western Australia of the travel industry and the general public. JATA will continue to work with you and your representative in Japan.”


全員で記念撮影

このページの先頭へ戻る