現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2017年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

12月4日(月)、フランス・パリ・ムーランルージュ取締役オリバー・ビーヤロン氏がJATA本部を訪問

2017年12月18日

12月4日(月)、フランス・パリ・ムーランルージュ取締役オリビエ・ビーヤロン氏がJATA本部を訪問し、日本からのお客様の拡大について意見を交わされました。「お客様の安心・安全の為、警備の強化や保安対策を採っています。日本人観光客の需要拡大を図り、来年に日本ミッションの派遣を検討しています。現在夏場で使用しているムーランルージュカフェ・テラスを、今年の冬でも使用できるように準備します。ムーランルージュのフロアを使用した新しいレストランの開設を企画中であり、劇場の歴史を語る施設ツアーなどを提供していきたいと思います」

越智局長らは、「ムーランルージュや周辺のカフェ、レストランなどを訪問する、パリの歴史を感じさせるツアーが提供できればよいでしょう。また、日本でのショーの実施を通じ、積極的にPRしていけば、認知度を更に高めることができます。2018年に実施するBtoBセミナーにおいて、ムーランルージュやパリの新しい観光スポットを紹介することをお勧めします」とアドバイスを寄せられました。


  • 向かって左がオリビエ・ビーヤロン氏

  • 越智理事・事務局長


懇談の様子

Mr. Olivier Villalon, Director General of Moulin Rouge, Paris, France, visited JATA Headquarters on December 4th, Monday

During his visit, Mr. Villalon shared ideas about attracting a larger number of Japanese spectators to the shows of Moulin Rouge. “We have implemented measures to ensure the safety of our customers. Our management is currently considering participating in a mission to Japan next year to promote Moulin Rouge here. Our cafe-terrace is undergoing reconstruction so that it can seat guests in winter, too. A new restaurant in the building and tours which tell the history of the theater are also on our future agenda”, said Mr. Villalon.

Mr. Ochi, Secretary General and Director of the Board of JATA, said that walking tours in the vicinity of Moulin Rouge and visits to local cafes and restaurants will help visitors appreciate the history of the area. Promotional activities in Japan, including Moulin Rouge guest performances in major cities will additionally help increase the awareness of the Japanese public and potential travelers. “A seminar introducing the attractiveness of Moulin Rouge and new sightseeing spots in Paris in 2018 will be helpful for travel agencies offering tours to France”.


全員で記念撮影

このページの先頭へ戻る