現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2017年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

12月6日(水)、駐日トルコ共和国大使ハサン・ムラト・メルジャン閣下がJATA菊間副会長を訪問

2017年12月18日

12月6日(水)、駐日トルコ共和国大使ハサン・ムラト・メルジャン閣下がJATA菊間副会長を訪問し、トルコ地方の観光開発についてお話されました。「現在イスタンブールとカッパドキアは人気があり、この地域を中心に日本人観光客の復活に勤めていきたいので、JATAのご協力をいただきながら、日本の旅行業界に働きかけていきたいと思います」

菊間福会長らは、「危険情報の引き下げは何より重要なので、積極的に在トルコ日本国大使館に働きかけしていただきたい。危険情報が下がれば、旅行会社が積極的に送客するでしょう。JATAとしてはアウトバウンド促進協議会(JOTC)で『美しい街道20選』に選ばれたエーゲ海・オリーブ街道が含まれたツアーの開発に力を入れていきたいと思います」と応えられました。


  • 向かって右がハサン・ムラト・メルジャン閣下

  • 右から菊間副会長、越智理事・事務局長


懇談の様子

H.E. Dr. Hasan Murat Mercan, Ambassador of Turkey in Japan, visited Mr. Jungo Kikuma, Vice-Chairman of JATA, on December 6th, Wednesday

During the meeting, H.E. Dr. Mercan talked about the recovery of Japanese travel to Istanbul and Cappadocia and introducing new destinations to the Japanese market. “We have high expectations that JATA members will be sending more visitors to the already popular Istanbul and Cappadocia. We are committed to working closely with the Japanese travel industry and will rely on your cooperation in our initiatives”, said the ambassador.

Mr. Kikuma advised that the lowering of the travel advisory level should be a priority for the Turkish side as once the level is decreased, travel agencies will be willing to send visitors to Turkey. “We ate JATA and the Japan Outbound Tourism Council (JOTC) will be working to develop tours including the Olive Road, which was elected as one of the 20 Fascinating Roads of Europe”, said Mr. Kikuma.


全員で記念撮影

このページの先頭へ戻る