現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2017年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

12月7日(木)、インドネシア旅行業協会の会長アスナウィ・バハル氏らがJATA本部を訪問

2017年12月18日

12月7日(木)、インドネシア旅行業協会の会長アスナウィ・バハル氏らがJATA本部を訪問し、インドネシアで開催される「アジアゲーム2018」に当たって、日本からの観光送客促進についてJATAの協力を求められました。「インドネシア旅行業界の会員は様々なツアー商品が提供できるので、「アジアゲーム」の開催を機に、日本からの観光客数の拡大に努めていきたいと思います」

越智局長らは、「日本市場を対象に、BtoBとBtoCの観光促進を積極的に勤めていただければ、観光客の増加が期待できるでしょう。また、日本の旅行会社への最新の観光情報の提供に加えて、ツーリズムEXPOジャパンに出展されれば、さらに良いと思います」とアドバイスをされました。


  • 向かって左がアスナウィ・バハル氏

  • 越智理事・事務局長


懇談の様子

Mr. H. Asnawi Bahar, SE, N.Si, President of the Association of the Indonesian Tours & Travel Agencies (ASITA) and his fellow board members, visited the Headquarters of JATA on December 7th, Thursday

During the meeting with Mr. Yoshinori Ochi, Secretary General and Director of the Board of JATA, Mr. Asnawi Bahar saught the cooperation of JATA to expand Japanese travel to Indonesia on the occasion of the Asian Games 2018. “The member companies of ASITA are ready to offer a great variety of tours to their Japanese counterparts. We are looking forward to turn the Asian Games into an opportunity to further grow the number of Japanese visitors to Indonesia”.

Mr. Ochi said that a stronger BtoB and BtoC promotion will ensure that more Japanese visit Indonesia. “In addition to providing up-to-date travel information to Japanese travel agencies, you should consider attending Tourism EXPO Japan as it will be another opportunity to appeal to the Japanese market”.


全員で記念撮影

このページの先頭へ戻る