現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2018年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

1月31日(水)、デンマーク・フェロー諸島の外交通商大臣ポール・ミケルセン氏と駐日デンマーク王国大使フレディ・スヴェイネ閣下がJATA志村理事長を訪問

2018年2月5日

1月31日(水)、デンマーク・フェロー諸島の外交通商大臣ポール・ミケルセン氏と駐日デンマーク王国大使フレディ・スヴェイネ閣下がJATA志村理事長を訪問し、日本における観光促進について意見を求められました。「フェロー諸島は大自然に加えて、伝統料理祭りや音楽祭りが行われるので、様々なツアー商品が提供できます。JATAの協力をいただいて、日本市場にアピールしたい」と話されました。

志村理事長は、「BtoBとBtoCの観光促進ができるツーリズムEXPOジャパンへの参加に加えて、旅行業界を対象にしたデスティネーションセミナーや視察旅行を実施していけば認知度の向上と観光客数の増加に繋がるでしょう」とアドバイスを寄せられました。


  • ポール・ミケルセン外交通商大臣

  • 向かって左より志村理事長、越智理事・事務局長

Mr. Poul Michelsen, Minister, Minister of Foreign Affairs and Trade of the Faroe Islands, and H.E. Mr. Freddy Svane, Ambassador of the Kingdom of Denmark, visited Mr. Tadashi Shimura, President of JATA, on January 31st, Wednesday

During their visit, Mr. Michelsen and Ambassador Svane exchanged opinions with the representatives of JATA about the travel and tourism promotion of the Faroe Islands in Japan. “In addition to great natural environment, the islands host traditional food and music festivals. There are resources for a variety of tour products in the Faroes. We would like to cooperate with you and work with the Japanese travel market.”

“By participating in Tourism EXPO Japan you could promote the Faroes both to the industry and the general public. Destination seminars and familiarization tours for the travel industry would help you to increase the recognition of the Faroe Islands as a travel destination and eventually to have a larger number of visitors from Japan,” said Mr. Shimura.


  • 懇談の様子

  • ミケルセン氏(左)より記念品が
    志村理事長に贈られた


記念撮影

このページの先頭へ戻る