現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2018年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

3月12日(月)、駐日パキスタン・イスラム共和国の特命全権大使アサド・マジード・カーン閣下がJATA志村理事長を訪問

2018年3月19日

3月12日(月)、駐日パキスタン・イスラム共和国の特命全権大使アサド・マジード・カーン閣下がJATA志村理事長を訪問し、日本の海外旅行市場での需要喚起について意見を求められました。「イスラマバードや日本人に人気がある北部は治安が安定しており、犯罪やテロなどは発生していません。日本人の観光客を増加させるに、JATAの協力をいただければ幸いです」

志村理事長は、「外務省の現在の渡航情報によって、多くの旅行会社はツアーを提供していませんので、先ずは、優先的に渡航情報を引き下げてもらうように働きかけることが必要だと思います。JATAとしては視察旅行の実施やセミナーの開催などで協力できます。また、ツーリズムEXPOジャパンでの出展も大使館として積極的にご検討ください」とアドバイスを寄せられました。


  • 駐日パキスタン大使アサド・マジード・カーン氏

  • 向かって左より志村理事長、権田海外旅行推進部長


懇談の様子

H. E. Dr. Asad Majeed Khan, Ambassador of the Islamic Republic of Pakistan in Japan, visited Mr. Tadashi Shimura, President of JATA, on March 12th, Monday

H.E. Dr. Khan visited Mr. Shimura to obtain opinions on measures which would help increase demand for travel to Pakistan in Japan. “Islamabad and the northern part of the country, which is popular with Japanese travelers, are safe and the level of crime or terrorist attacks is the same or even lower than in other major destinations throughout the world. We would appreciate the assistance of JATA in our efforts to increase the number of Japanese visitors to Pakistan”, said the ambassador.

Mr. Shimura advised that the first important step would be to work to lower the level of the travel advisory issued by the Ministry of Foreign Affairs. “We can also assist you in organizing inspection tours and destination seminars. We also recommend that you consider participating in Tourism EXPO Japan in September which would give you an opportunity to conduct both BtoB and BtoC promotion.”


記念撮影

このページの先頭へ戻る