現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2018年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

4月4日(水)、駐日イスラエル特命全権大使ヤッファ・ベンアリ閣下がJATA菊間副会長を訪問

2018年4月9日

4月4日(水)、駐日イスラエル特命全権大使ヤッファ・ベンアリ閣下がJATA菊間副会長を訪問し、イスラエルへの日本からの観光客の増加や直行便就航の必要性についてお話されました。「2017年には、日本人観光客は前年より50%以上増え、増加傾向は2018年も継続しています。双方交流が増えているので、直行便を就航する最良のタイミングだと考えています。当大使館としては、双方交流の拡大や定期直行便の就航に取り組んでいきたいと思いますので、JATAの協力をいただければ幸いです」

それに対して、菊間副会長らは、「ツーウェイ・チャーターは、観光交流拡大につながるので、結果として定期便の就航をもたらすでしょう。JATAとしては、会員会社のツアー造成をサポートして、イスラエルへの観光客の増加に協力していきたいと思います」と応じられました。


  • イスラエルのヤッファ・ベンアリ閣下

  • 向かって左から越智理事・事務局長、菊間副会長、志村理事長


懇談の様子

H.E. Ms. Yaffa Ben-Ari, Ambassador of Israel in Japan, visited Mr. Jungo Kikuma, Vice-Chairman of JATA, on April 4th, Wednesday

During the meeting, H.E. Ms. Yaffa Ben-Ari discussed the increase of Japanese visitors to Israel and the necessity of launching regular direct flights between Japan and Israel. “Last year, the number of Japanese visitors increased by 50% over 2016 and the trend has continued for the first couple of months this year. Since we are having a steady increase, we believe that the time is right for the inauguration of direct flights. The embassy is working to expand the travel exchange and establish regular flights and we would appreciate your support for these activities.”

“Two-way charters will facilitate the bilateral travel exchange and are likely to result in the commencement of regular flights to Israel. We at JATA are committed to supporting the tour planning of our member companies and by doing so, we will support the increase of visitors to Israel”, said Mr. Kikuma in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る