現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2018年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

6月11日(月)、ドミニカ共和国観光大臣フランシスコ・ハビエル・ガルシア氏がJATA菊間副会長を訪問

2018年6月18日

6月11日(月)、ドミニカ共和国観光大臣フランシスコ・ハビエル・ガルシア氏がJATA菊間副会長を訪問し、日本との双方交流の拡大について提供されました。「交流拡大の為、JATAとの関係を強化し、日本の旅行業界と情報交換していきたいと考えます。ドミニカ共和国政府観光局の日本事務所を開設することを検討しており、観光促進キャンペーンを含めたPR活動に協力いただきたい」と要望されました。

菊間副会長は、「ドミニカ共和国はビーチだけではなく、コロンブス期からの街並みを含めた文化遺産、近代的な建築や整備されたインフラといった多様な観光資源が存在していますが、それらは日本ではまだそれほど知られていません。先ずは、文化遺産や安定した社会情勢などを日本の旅行業界に紹介していただきたい」と応じました。


  • ドミニカ共和国観光関係の皆さん

  • フランシスコ・ハビエル・ガルシア観光大臣

  • 歓談の様子

  • 菊間副会長(左)と志村理事長(右)

Mr. Francisco Javier Garcia、Minister of Tourism, Dominican Republic, visited Mr. Jungo Kikuma, Vice-Chairman of JATA, on June 11th, Monday

During the meeting, Minister Garcia, expressed determination to work for expanding the bilateral exchange between the Dominican Republic and Japan. “We understand that stronger relations with JATA and regular exchange of information are indispensable. Setting a representative tourism office in Japan is part of our agenda and we will appreciate your support for its promotional campaigns and other activities.”

“Beautiful beaches are a common feature in the Caribbean. However, in addition to stunning beaches, the Dominican Republic boasts handsome old towns from the colonization period, modern cityscapes and new infrastructure. Unfortunately, the plentiful tourism resources are little known in Japan. Your promotional activities here should start with educating the travel industry about the potential of the country as a travel destination”, said Vice-Chairman Kikuma in reply.


記念撮影

このページの先頭へ戻る