現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2018年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

6月15日(金)、インド観光省ジョイントセクレタリーのスマン・ビラ氏がJATA志村理事長を訪問

2018年6月25日

6月15日(金)、インド観光省ジョイントセクレタリーのスマン・ビラ氏がJATA志村理事長を訪問し、仏教観光の促進についてお話されました。「インドは仏教文化や歴史が豊富であり、世界の仏教徒を対象に仏教観光を促進していく方針です」

志村理事長は、「日本の観光客は、歴史や文化という視点から旅行先を選ぶので、それを考慮しながら、日本市場で観光促進をしていただければよいと思います。政府観光局はインド航空と力を合わせてマーケティングを行っていけば更なる効果が生まれるでしょう。また、現在日本で使用されているパンフレットや地図などは最新のものではないので、日本語のウェブサイトを含めて、最新の情報を提供する必要があります」とコメントしました。


  • インド観光省のスマン・ビラ氏

  • 澤邊海外旅行推進室・国際センター長(左)と志村理事長


懇談の様子

Mr. Suman Billa, Joint Secretary, Minsitry of Tourism of India, visited Mr. tadashi Shimura, President of JATA, on June 15th, Monday

During his visit, Mr. Billa talked about the rich Buddhist culture and history and about developing and promoting tour products for Buddhists. “All states of India are rich in cultural and historical heritage related to Buddhism. We intend to promote religious travel to Buddhists all over the world.”

Mr. Shimura commented that Japanese travelers are interested in cultural and historical heritage rather that in religious tours and advised that the promotion of India as a travel destination in Japan should be carried out to meet the expectations and needs of the Japanese market. “Joint promotion with the national carrier of India would bring even better results in terms of visitor numbers from Japan. New promotional materials and tourist maps, a web site in Japanese and up-to-date information about tourist spots and attractions should be the first priority of your promotion in Japan”, added Mr. Shimura.


記念撮影

このページの先頭へ戻る