現在地:JATAホーム > JATAについて > JATAの動き > 表敬訪問 > 2018年 > 表敬訪問詳細

表敬訪問

6月26日(火)、マレーシア政府観光局東京事務所の所長N. アズラン・アブ・バカール氏が退任ご挨拶の為、JATA田川会長を訪問

2018年7月9日

6月26日(火)、マレーシア政府観光局東京事務所の所長N. アズラン・アブ・バカール氏が退任ご挨拶の為、JATA田川会長を訪問し、日本人の為のマレーシア観光の多様性についてお話されました。「マレーシアへの航空アクセスはAsiaXやANAの路線で拡大しています。ロングステイデスティネーションとして最も人気のある観光地だと認知されていますが、ビジット・マレーシア・イヤーとして指定された2020年に向けて、エコツアーをテーマにした様々なツアー商品を提供したいと思います。また、JATAアウトバウンド促進協議会で、会員とのコミュニケーションを強化していただければ、更なるPR効果がでると思います。長年に渡るJATAの協力に感謝します」と話されました。

田川会長は、マレーシアのJATAへの協力に対して感謝を表し、「ツーウェイツーリズムを拡大する為、航空インフラの整備が重要です。マレーシアはロングステイやエコーツーリズムなどの観光資源が豊富なので、その資源を活かしながら日本人観光客数の増加に努めていきたいと思います」とコメントしました。


  • N. アズラン・アブ・バカール氏

  • 志村理事長(左)と田川会長


懇談の様子

Mr. Noor Azlan Abu Bakar, Director of Malaysia Tourism Promotion Board in Tokyo, visited Mr. Hiromi Tagawa, Chairman of JATA, On June 26th, Tuesday

During the visit, Mr. Noor Azlan Abu Bakar talked about the diversification of the tour products to Malaysia on the Japanese market. “Thanks to AsiaX and ANA, the number of direct flights to Malaysia has increased. Malaysia is the number 1 long-stay destination in the Japanese market. Yet, 2020 has been designated as “Visit Malaysia Year” and as we are getting closer to it, we will do our best to offer a variety of eco tours. Regarding JATA Outbound Tourism Council, we believe that it will bring even better results if the communication between the members is strengthened. I do thank you very much indeed for your long-continued support “.

Chairman Tagawa expressed his appreciation of the great assistance and cooperation of the Malaysia Tourism Promotion Board and emphasized the importance of a well-developed air network for the growth of two-way tourism.


記念撮影

このページの先頭へ戻る